第1条 (目的)
  要介護者等がサービスを適切に選択し、自立した日常生活を営むのに必要な質の高い介護サービスを利用することができるよう、介護サービス事業者の質の向上やサービス提供者の資質の向上およびネットワーク化を図ることを目的として、湖南市介護保険事業者協議会(ほほえみネットこなん。以下「協議会」という。)を設置する。
 
第2条 (事業)
  協議会が行う事業内容は、次のとおりとする。
   (1) 介護保険事業者間の連携、情報交換に関すること
   (2) 要介護者等の苦情処理の事例を通じた研修に関すること
   (3) 介護サービス計画等の事例を通じた研修に関すること
   (4) その他、要介護者等が利用するサービスの質の向上に関すること
   (5) 介護保険事業計画の推進に関すること
   (6) その他協議会の目的を達成するための事業
 
第3条 (組織)
  協議会は介護保険に関連する事業者や団体にも開かれたものにするため、以下の 事業者と団体をもって構成する。
   (1) 指定居宅サービス事業者
   (2) 指定施設サービス事業者
   (3) 指定居宅介護支援事業者
   (4) 基準該当居宅サービス事業者
   (5) 基準該当居宅介護支援事業者
   (6) 介護保険に関連する活動を行う団体
   (7) その他協議会が認めた事業者
 
第4条 (役員)
  協議会に次の役員を置き、会員の互選によって定める。(当面の会長輪番は別紙の通り)
   (1) 会 長 1名
   (2) 副会長 1名
   (3) 役 員 8名以内
   (4) 監 事 1名
   (5) 事務局
 
2 会長は、協議会を代表し会務を統轄する。
3 副会長は、会長を補佐し会長に事故あるとき、又は欠けたときはその職務を代理する。
4 役員は、協議会の事業の計画及び遂行を担当する。
5 監事は、協議会の業務を監査する。
6 滋賀県介護サービス事業者協議会連合会の役員として、本会より会長および会長が推薦した者をもって充てる。
 
第5条 (役員の任期)
  役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
 
2 補欠により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員は任期満了後も後任者が就任するまで在任する。
 
第6条 (参与)
  協議会に参与を置く。
 
2 参与は湖南市の介護保険担当職員とする。
 
第7条 (総会)
  会長は、毎年1回以上総会を招集する。
 
2 総会は、会員の3分の1以上の出席がなければ開くことができない。
3 総会の議事は、出席会員の過半数で決する。
4 規約を定めあるいは変更する等、協議会に関し重要な事項については、総会において議決を経なければならない。
5 総会の議長は、総会に出席した会員の中から互選により選出する。
 
第8条 (役員会)
  役員会は、必要に応じ会長が召集し、会議の議長は会長が行う。
 
第9条 (専門部会)
  協議会の業務を専門的に進めるため専門部会を置くことができる。
 
2 専門部会の構成および部会長は、会長が定める。
 
第10条 (経費)
  協議会の経費は、年会費、研修会出席負担金、その他の収入をもってあてる。
 
第11条 (会費)
  会費は年会費とし、一法人一事業所あたり8,000円、複数事業所は一事業所加わるごとに2,000円、福祉用具事業所は4,000円とする。
 
2 年度の途中に会員となる者にあっては、半期以上の場合は年額とし、半期未満の場合は年額の2分の1とする。
 
第12条 (年度)
  協議会の事務及び会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
 
第13条 (事務局)
  この規約に定める業務を遂行するため事務局を置く。
 
2 事務局は、湖南市社会福祉協議会におく。
3 事務局は、会計業務をあわせて担当する。
 
第14条 (その他)
  この規約に定めるもののほか協議会の運営について必要な事項は会長が役員会に諮って定める。
 
  付 則
1 この会則は平成17年6月29日から施行する。
2 平成17年度における協議会の事業計画及び予算は、第12条の規定にかかわらず、平成17年6月29日から翌年3月31日とする。
3 この会則は平成19年5月22日より改定施行する。
4 この会則は平成21年7月10日より改定施行する。
5 この会則は平成23年5月17日より改定施行する。
6 この会則は平成30年5月18日より改定施行する。
7 この会則は令和元年5月27日より改定施行する。
8 この会則は令和2年6月18日より改定施行する。